2016年05月27日

デリヘル検索で順位を上げる方法

「お店の集客が上手くいかないな」

そんな事を思ってウェブ検索をして当サイトに辿り着いたアナタ!

デリヘルで順位を上げる事は簡単です。

今からここに書かれている事をしっかりと覚えて帰ってください!

これから説明することの中には、

『言うのは簡単だけど現実的にはムリ!』

という内容もあるかもしれません。

しかし、ムリだと嘆くばかりでは、「そもそも何も変わらない!」

ということだけは、しっかりと考えてください。

では、参ります。



……

@ 広告を増やす

風俗デリヘルサイトの順位を決定するものの9割は広告媒体です。

広告媒体サイトの使いやすさや、アクセス集客数を考えてサイトを利用している事は

間違いでは無いが、本質的に考え直す必要があります。

理由は、媒体の影響力うんぬんの前に、

「多くのサイトからリンクを貰う」

ということが非常に重要だからです。

一般ジャンルのサイトでは、サイトや商品を取り扱って貰うことは困難を極めます。

ます、風俗デリヘルジャンルとは全く違い、広告媒体サイトやポータルサイト自体がスズメの涙程度しか存在していないからです。

ですので、ノンアダルトジャンルでは、サイトをリンクしてもらう為に、

「相互リンクしてもらえませんでしょうか?」

と、様々なサイトに声をかけなければなりません。

これ程の労力は他にはなく、大概成功しているサイトは運営歴が長く、

自然発生的にリンクが増えているサイトばかりで作られたランキングとなっているのです。

また、自然にリンクを増やすことが難しい為、SEO会社が暗躍しています。

そして、SEO対策の料金も高くはありません。

つまり、ある程度(数万円)あればどうにでもなると考えることができますが、

それはどこの企業も同じ条件であり、SEOという手段を「使って当たり前」になっています。

すると、人為的に順位を上げる競争となる為、SEOを施すサイト同士の争いは熾烈です。

ですが、それだけです。

故に、SEOさえ意識してしまえば一般企業のウェブ対策は容易なのです。

では、『風俗デリヘルのジャンルではどうなの?』と思いますよね?

これには大きな違いがあります。


A リンクを増やした者勝ち

ヘブンかな?
じゃぱんかな?
ぴゅあらばかな?
タウンかな?

「どれが一番集客流入に繋がるのかな?」

『はい、間違いです。』

検索の順位を上げることで初めて知名度は増します。

「新規が欲しい」

ならば、検索から集客しなければなりませんよね?

ド新規さんはポータルサイトなんて使いません!

何故ならば、与えられた溢れすぎる選択肢や情報を正しく扱えないからです。

また、こだわるだけの経験がありません。

データや写真などが溢れていると、逆に迷い混乱してしまうのです。

ですのでランキング型ポータルサイトの中でいくら目立っても本質的に意味はなく、そのサイトを利用する人に対して目立つだけです。

直接的に新規の心を動かすのは「料金」や「写真」になりますが、

本質的には「情報を与えてあげるところまでの道筋」なのです。

つまり、サイトに来てさえもらって良いイメージさえ伝えることができれば勝利です。

この段階に進めるまでのプロセスとして検索からの流入が欲しくなるのです。

話が脱線しましたが、検索順位の向上が如何に大事かはご理解頂けているとして、

根本的に何をしたらいいのか?

これですよね?


『とにかくお金のある限り広告媒体サイトへの掲載をしてください』

目的はリンクを増やす為です。

有料や無料の違いは関係ありません。

とにかくリンクが確保できる露出の仕方であれば何でも構いません。

広告媒体サイトの中には、掲載するだけで順位の向上が見込める非常に効果の高いサイトもあるでしょう。

しかし、まずは数です。

広告サイトの影響力を考えた場合は、余程中身のない粗悪な作りのサイトでもない限り悪い評価は受けません。

ですので、検索した時に目につく順位がしっかりとついているポータルサイトであれば基本的に悪いサイトではないのです。

大なり小なりのサイトの力を様々なサイトから掻き集めることで順位は上がるのです。

とにかく数を集めることが大切です。


B 戦う土俵を作れ!

風俗デリヘル店舗サイトは各店舗ごとに大きな違いはありません。

認証
トップ
料金
在籍
各女性ページ
出勤
コンセプト
ランキング
Q&A
問合せ
リンク

大概が10コンテンツと女性数で決まります。

皆さんならそれぞれのページの文言に何を記載しますか?

おそらくほぼ文章は書きませんよね?

つぎはぎ情報でページは埋まり、テキストも他サイトからコピーしますよね?

もちろん中にはオリジナルコンテンツ作りに一生懸命の店舗もいるでしょう。

しかし、オリジナル要素の出しづらいジャンル故に、女性紹介や店舗アピール以外で他店との差を生み出すことは難しいのです。

するとどうでしょう、ほぼ大きな差がなく順位は拮抗してしまうのです。

『でも、実際に順位には差があるじゃないですか?』

そうです。差が生まれています。

これが使用する広告媒体の数からくる差なのです。

ます、風俗デリヘル業界のジャンルでは、ウェブ検索に該当する多くの店舗同士はビジネス上のライバル企業なので、店舗同士の相互リンクには期待ができません。

ですので、本来店舗サイト同士の作りだけで比較すると横並びくらいの差しかないのです。

それに違いを生む要因が広告媒体サイトの利用度です。

これこそが、決定的な差となります。

つまり、広告媒体の利用頻度こそが戦うステージを決めているとともに、土俵のレベルを決めているのです。

簡単に説明をすると、2サイトに掲載をしている店舗と、4サイトに掲載をしている店舗とでは雲泥の差があるのです。

要するに、検索結果は詮索一覧という掲載順番決めの為の、背の順のような要素があり。

条件を満たす良い要因が多ければ多いほど順位は向上するのです。

その差を生み出すのがポータルサイトからのリンク量なのです。

戦う土俵さえしっかりと認識して見極めていれば

自ずと自サイトのみが上位に位置しているはずです。


C 媒体サイト集客と検索順位集客はベクトルが違う。

媒体サイトは「利用経験者向け露出」
検索順位は、「新規向け露出」

これが鉄則です。

そして、その割合は6:4程度と考えましょう。

最終的にリピーターによって店舗経営は維持されます。

その点を考えると、リピーターを生むために、何よりも新規を獲得しなければならないのです。

ですので、1にも2にも新規客獲得が優先なのです。

ある程度店舗経営面の問題で利用者数を計算しやすい媒体サイトに力を注ぎがちですが、

リピーターの月間の利用回数が増えたりしない限り、リピーターからの収益計算には限界があるのです。

計算できてしまうことで、期待できる収益は、残念な意味で答えが見えてしまうのです。

50人の顧客が毎月1度は必ず利用してくれたとしても、50セット分で仮に500万と計算できても、同額の支出があるとするとマイナスです。

故にリピーターからの増益を意図して期待したり故意に起こすことは、イベントや値引きなどで利用者が普段よりもお金を落とす状況を作らなければ根本的には非常に難しく、劇的なプラス収益を期待することはできないのです。

ですので、経営面に成長性を加味するならば、かなりの割合で継続的に新規を取りに行く体制を作り上げなければ未来はないでしょう。

こういった理由から、検索結果で順位を獲得しに行かなければならないとともに、重要性は非常に高いのです。


D 女性は集客媒体サイトは見ない。

求人募集に応募してくる在籍希望女性の多くは最終的に検索結果を見てサイトを選びます。

つまり、求人用媒体サイトに掲載しなくても、女性は検索結果をもとにサイトを見てくれるので、アクセスが期待できます。

逆に、媒体サイトだけで求人募集をすると、媒体サイトアクセス数に依存するので理にかなっていません。

求人を探している人は、最終的には検索順位で営業サイトを確認して雰囲気を見極めるのです。

サイトの雰囲気
業務内容
繁盛度合い
知名度や露出

一般の会社の求人と同じで、会社がどんなホームページなのか確認するのと同じです。

検索順位を上げることで求人にも繋がるのです。


D 女性を増やすことができれば利用者は増える

毎度見に行く店舗サイトに新たな女性が加わっていればリピーターの利用頻度を高められます。

逆に新規女性がいなければ利用者は去っていきます。


E 実客に繋がらない利用者の動きを制御しよう!

実際に利用をしてくれないサイト閲覧者も、サイト評価には影響があります。

実客は置いておいて、サイトを見ている使っていること自体に違いはありません。

ですので、ユーザービリティーを強化する必要があります。

Googleアナリティクスなどでデータを見ることができますが、

サイト閲覧者の動きには影響力があります。

訪問数
PV数
滞在時間

これらの項目を増やそうと努力するだけでも順位向上に繋がると言われています。

何万単位のアクセスが生まれることも考えられるため、大きな数があって初めて影響力になるのではと予想できます。


◇まとめ

アダルトサイトは広告媒体周りの攻略をしてしまえば案外簡単です。

一般のSEOとは違い、影響力が大きい項目が目立ちますのでお金がかかったとしても実践して見ることが何よりも大切になるでしょう。

嘘だと思って試してみてもらえたらと思います。





posted by ダイソン at 17:51 | Comment(0)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。