2015年07月19日

風俗店サイトの地域の名称には注意

風俗デリヘルで地域の名称に気を使うことはないでしょうか?
例えば、
『すすきの』
『ミナミ』
『湘南』

こういった、一般的な地域名称であっても外部の利用者からしたら認知度の低い地域があります。

ただ単純に地域の呼び名を知っているか否かが問題ではありません。

実際にその呼称名称がどのエリアを指すかが分からないし不明確なのです。

この状態では、
『すすきの 風俗 デリヘル』
『ミナミ 風俗 デリヘル』
『湘南 風俗 デリヘル』

知名度だけで調べることとなり、派遣エリアや対応地域のが不明確です。

もちろん、通常の地名を使っての集客対策をすることに加えて、呼称名称だけのエリアも対策する地域に入れることはプラスです。

ですが、一般的に地域を好きなだけ加えることには限界があります。

タイトルや文字表現の表示領域に限界があるのです。

ですので、地図に出てくる地名などではない限り、呼称名称地域を対策のワードに加えることはあまり得策ではありません。

本来すべき対策が薄まりしっかりと対策できなくなる可能性の方が高くなるためです。

簡単に説明すると、サイトのテーマをより明確に伝えたいのに、テーマとなる単語が溢れてしまうことになります。

その分、エリア対策が不十分となるのです。

素直に、名称呼称を避けて、
『札幌 風俗 デリヘル』
『難波 風俗 デリヘル』
『藤沢 風俗 デリヘル』

とういワードで対策する方が影響力は大きいと言えるでしょう。
posted by ダイソン at 14:13 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。