2015年04月02日

風俗デリヘル系サイトのSEOについて

風俗デリヘル系サイトのSEOは単純です。

まずは、その特徴を見て行きましょう。


1.内容が薄い。

サイトを解説しただけで、店舗は運営をすることが出来ます。すると、SEOを意識することはほとんどありません。何故ならば、店舗側は作成したHPが完璧だと思っているからです。

2.ウェブサイトを更新しても意味が無い。

ウェブサイトの構成にもよりますが、サイト毎に「強い」「弱い」が存在しています。どんなに同じ労力を費やしてウェブサイトの更新をしてもサイト構成によって、雲泥の差がでます。それは、コンテンツに秘密があるのです。

3.画像ばかりに力を入れている。

画像は訪問者に対してしかアピールが出来ません。つまり、未だサイトにたどり着かない人に対しては何の意味も無いのです。そもそも、サイトに来てもらうというところに力を入れなければ意味がありません。それこそ、利用しやからしたらウェブサイトの見た目や画像などというものは普通に作ってあれば満足が行くものなのです。

4.ページ項目が少ない。

店舗サイトであればある程度のコンテンツは用意するべきでしょう。
・承認ページ
・トップページ
・女性一覧ページ
・女性毎の各ページ(10〜30ページ)
・料金システムページ
・アクセスマップページ
・問い合わせページ
・リンクページ
・日記ページ(サイトによる。ページ数は∞)

5.他のライバル店サイトを注視する。

他のライバル競合店舗サイトと基本的な構成やコンテンツは被ります。だからこそ、より詳しく自分のサイトでは多くの情報を載せる必要があるのです。それさえ出来てしまえば、明らかに他の店舗サイトよりは評価が高くなります。ライバルを出し抜くことができるのです。

6.写メ日記の使い方。

写メ日記はあるとないのでは利用者の反応が違います。サイト上の女性紹介写真だけではなく、実物との差異を見極めるという目的で利用者は見ています。あるとないのでは、利用者の意欲は格段に違います。

また、写メ日記は別サイトでは意味がありません。もしも、写メ日記が自分のサイト上のコンテンツにすることが出来れば、その分ページが増えてサイトの評価を押し上げることが出来ます。おそらく簡単に10位以内に入ることができるでしょう。

7.悪徳ポータルサイトを使うな。

ヘブンネットのように簡単にウェブサイトを作れ使うことができるサービスが存在しています。しかし、これはお店の財産を捨ててしまっているようなものです。何故ならば、使用しているコンテンツ情報の所有権は利用者にはないからです。ヘブンを使えば使うほど、ヘブンの順位が上がるだけであり、その手助けをしていることになります。自分のサイトの順位が上がらないなら利用する意味はありません。

8.広告サイトを上手く使え。

風俗デリヘル系サイトでは、広告流入を利用する場合がほとんどです。しかし、サイトテーマがあれば「素人」「人妻」と広告の幅も多いでしょう。実は、広告はSEO対策にもなるのです。より多くの広告サイトに景彩をすればするほど効果があるのです。しかし、お金はかかってしまいます。ですが、お金をかければかけるほどウェブサイト検索順位が上昇するというわかりやすさはあるでしょう。
タグ:SEO
posted by ダイソン at 15:09 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。