2015年04月01日

高級デリヘルの難易度

高級デリヘルはseoでもそれなりに難しいジャンルです。

この理由は、激安風俗キーワードを使う店舗を見て判断すると良いでしょう。

激安ジャンルについてはお金のかけどころが違うのです。

激安ジャンルは、広告媒体を主なウェブ対策としたいます。

また、媒体サイトも理解があり『激安店は稼げないから、広告費を安くしないと掲載出来ない』と分かっているのです。

こらにより、広告掲載量が比較的多くなる傾向にあります。

すると、広告掲載の数だけ差が出ることとなり、検索順位で負けてしまうのです。

これは、広告掲載がseo効果を伴っていると考えてしまって良いでしょう。

つまり、間接的にしらすわ知らずの内にseo対策をしていることになるのです。

また、これらの広告サイトに関しては激安風俗ジャンルとしては非常に親和性が高い為、理に適っているのです。


さて、問題の高級デリヘルについては真逆であると考えられます。

高級デリヘルジャンルについては広告掲載をする媒体サイト自体が多くありません。

また、デリヘルというジャンル特有のエリア指定の無さから、細かい範囲での争いもなくなってきます。

つまり、東京という広い範囲で少数の店舗間での利用者の取り合いになるケースが多いのです。

これらのことから、利用者は高級デリヘル店を探す為に、大手風俗ポータルサイトを見ることはあまりありません。

そもそも、大手風俗ポータルサイトからすると、高級デリヘルは小さなジャンルに過ぎないのです。

結果、数も少なく検索して目立つ店舗サイトを見た方が早いのです。

では、どのようにして集客をしているかというと、高級デリヘルのジャンルはseoがメインなのです。

より検索結果で目立つことこそが収益につながります。

アクセスを増やし集客増加のウェブ対策の手段としては、1番効果的な路線です。

これを現実化している要因は、サービス料金なのです。

高級デリヘルは通常の風俗店舗と比べると、利益は倍ほどです。

収益率的に、10〜20万のseo対策を簡単に利用することができるのです。

店舗は一月に300万は余裕で稼げるからです。

広告媒体ポータルサイトの少なさと収益のバランスがマッチした結果と見て良いでしょう。

さらにseoに拍車をかける要因としては、検索上位化をするハードルがやや低い点にあります。

『高級』という文字を加えるだけで、検索絶対数は少なくなります。

つまり、競合サイトが少ないのです。これは、激安風俗ジャンルよりも少ないでしょう。

競合サイトが少ない=seoの効果も高いと考えられるでしょう。

もちろん、50サイトほどは競合サイトがあるでしょう。

しかし、まともにサイトを運営していればライバルはその程度の数です。

スタートの時点から、ゴールが見やすいジャンルと考えてしまって良いのではないでしょうか?

ただし、利用客も値段の高さから通常風俗サイトに比べると減ることは意識しなければなりません。

これらを総合すると、『より検索上位を目指すことが求められるとともに、その上位化へのプロセスは単純』と考えられます。

経営方針や様々な背景も重要になってきますが、高級デリヘルジャンル自体のウェブ対策については、難しく考えなくても良いでしょう。




タグ:SEO
posted by ダイソン at 03:42 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。