2015年02月19日

ぽっちゃり求人大阪センター

このサイトは普通の求人サイトです。

ジャンルとしては高収入がテーマで間違い無いでしょう。

特徴としては、ページ数が極端に少ないことが挙げられます。

この程度の内容で上位化は難しいのではないかというのが率直な感想です。

おそらく何らかのSEO会社を利用しているものと思われます。

また、求人サイトへの広告も掲載しているであろうことはもちろんのこと、

大元の店舗サイトからのリンクの影響が強いものと予想されます。

当然メインの店舗サイトも『ぽっちゃり 求人で対策されているでしょう。

こうなると、それなりのSEO対策が十分になされていると判断して良いでしょう。

しかし、ダメな点もいくつか存在しています。

まず、インデックス数が極端に少ないです。

また、画像を使っている部分も多いです。

こうなるとそもそも見せるページとしての効果はあったとしても、検索順位の上位化は非常に難しいと言えるでしょう。

なぜ、このような文字の少ない状態のサイトを作ったのでしょうか?

そして、何故それを商業用に利用したいと考えたのでしょうか?

そもそもSEOの考え方が間違っています。

これで上位化を目指そうということ自体が、店舗や会社としての管理者の能力にやや疑問を持ちます。

しかし、完璧ではないにしてもそれなりに効果は期待できる作りである点はさすがというべきでしょう。

SEOも効果が期待できるとともに、魅せるサイトを作るということは、真似できることではありません。

この点は非常に評価ができます。

しかし決定的に間違っている項目があります。

タイトルです。

同じフレーズが二回つかってあります。

普通に考えると対策上では、ありえない仕様です。

風俗やアルバイトなどという関連ワードを含めるならばまだしも、

『ぽっちゃり 求人』というワードや『大阪 高収入』といったワードが二回も出てきてしまっています。

タイトルは限られた文字数しか含ませることかはできません。

ここに、二回のフレーズはリスクを伴うのではないでしょうか。

それから、トップページのテキスト量も問題です。

トップページの文字数は通常800文字は欲しいところです。

なぜならば、トップページを検索に該当させる為には、認証ページと『Enter』『退出』というコンテンツだけでは成立しません。

下層トップの方がはるかにSEOの力は巡ってきています。

つまり、文字数の量ででディレクトリを差別化していくことで、トップページが検索に該当する状況を作り出せるのに、

明らかに下層ページが強いです。

これは風俗サイトであればスタンダードですが、根本的なSEOの考え方からすると真逆です。

こういった基本的な取り組みと考え方ができない時点で、トップページが検索から外れることも容易に予想できます。

逆に、風俗店舗サイトではないのだから、認証ページの扱い方を工夫しなければならないことと、

そもそも広告対策ができていない状況では順位も不安定になってしまうでしょう。




タグ:普通店舗
posted by ダイソン at 01:14 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。