2016年01月20日

稼ぐ為の風俗デリヘル店舗運営方法

ほ風俗デリヘル店舗の経営は、2つのパターンに別れます。
1つは、広告サイトに頼ることです。

もう1つは、SEOを重視することです。

この2つには、互いに利点と難点があります。

広告サイトに頼る場合、そのサイトの中では目立つことができ、特定のユーザー達からのアクセスを得ることができます。

しかし、あくまでも広告サイトを見に来られたユーザーのみとなる為、本当の今での集客には繋がらないケースがほとんどです。

ですが、圧倒的に利用率は高くなる傾向にある為、見せ方次第では新規のユーザーの獲得率が高いです。

次に、SEOを重視する場合です。

検索結果での順位の上昇は効果的な露出を生み出すことが出来ます。ジャンルやエリアによっては、金銭的な広告費を抜きにして広告サイト以上の新規ユーザーを獲得するチャンスが得られます。

逆に順位が向上しなければいつまで経っても結果は変わらない為、広告サイトほどの確実な実客は望めません。

また、検索結果では、序盤から知名度がない状態での集客を目的とする為、アクセスユーザーの大部分が、圧倒的に新規ユーザーとなります。

ここまでの一長一短を見比べると、同時に集客対策をしたくなる店舗がほとんどでしょう。

実際に実行出来れば良いに越したことはありませんが、新規店舗であれば現実的には不可能です。

すると、新規ユーザーを獲得し知名度を上げたいが為に、SEOから集客対策をしたいと考える店舗が多く現れます。

残念ながら、これは失敗します。

結果が伴った場合に限っての話ですので、大いに間違った判断となってしまうでしょう。

その大きな理由は、ジャンルです。

SEOは、アダルトかノンアダルトかで天地がひっくり返るほどの難易度の向上があるのです。

ノンアダルトのジャンルであれば、SEO自体が簡単に成立してしまうケースが多いので良いのですが、

アダルトのジャンルでは、SEOの弊害となる要因が多いです。その要因や原因は、広告サイトの存在です。

アダルトのジャンルは広告サイトが多くの割合を占める為、そもそもSEOにとっては戦うことが出来ない存在になっているのです。

この時点で、集客を目的とする露出効果は半減されてしまうのです。


では、何が正解なのか?

アクセスユーザーを獲得することが、会員や利用者を増やし、結果として店舗の成長へと繋がると考えた場合、2つの集客対策を上手く両立させることが求められます。

その流れは単純です。

まず初めは、広告サイトに店舗を登録して、ある程度の実客と露出をします。

もちろん、この時点では最低限の運営を維持するだけの資金稼ぎも考えられるでしょう。

次に、広告サイトを維持したまま資金に余裕があるようならば、SEOの開始です。

もちろん、資金的に店舗運営に支障が出るならば、まだタイミングではないです。

SEOの目的はある程度の露出です。

勘違いしたくないのは、SEOだけでは何も完結しないということです。

決して「これで上手くいく」と言うことはありません!

サイトを露出させて、新規ユーザーを獲得することが目的であり、決して1ページ目に行くことなどはありません。

また、サイト露出が増え知名度が上がった後の新規ユーザーの実客には、かなりの時間が必要となり、実感を得るのはかなり後になるでしょう。

サイトの順位が20位くらいまできたら、最後は、広告に力を入れましょう。

SEOの状態を維持し、広告サイトを惜しみなく使うと、SEOの効果が倍増するとともに、広告サイトからのユーザーのアクセス流入も増える為、一石二鳥です。

これが勝ちパターンです。

決して、SEOはやめてはいけません。


このように様々なウェブ周りの事情をしっかり把握しておけば、失敗はしないでしょう。

失敗しない為には、どちらか一方を試しては辞めてというような、その場しのぎの集客をしないことです。

簡単に考えるなら、常にSEOを維持していき、広告サイトを減らさずに増やし続けることです。

それさえ、間違わなければ絶対に失敗はしないでしょう。



posted by ダイソン at 02:24 | Comment(0)
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。